「おひとりさま」でも安心して暮らせる社会を

 

ホームページへようこそ。

行政書士・社会福祉士の高橋です。

 

皆さんは、将来のことを考えて不安になったことはありませんか?

とくに、家族と疎遠だったり、子供がいないような場合、自分に万が一のことがあったら誰が面倒を見てくれるんだろう?と不安を感じるのではないでしょうか。

 

ボクがそう思うのは、自分自身が「子供がいない夫婦」だからです。

将来どちらかが先に亡くなればとたんに「おひとりさま」です。

 

平成22年に会社を立ち上げて以来、いろいろな人の相談に乗って痛感したのは、元気で動けるうちに将来に向かってなるべく準備をしておいた方がいいということです。

 

たとえば認知症になったらどうなるのか…

病気になって入院することになったらどうなるのか…

倒れても誰にも発見されないんじゃないのか…

 

住まいの点では、賃貸暮らしの場合、将来行き場を失う可能性があります。

年をとって、それまでの住まいに住めなくなったら引っ越しを考えなければなりませんが、高齢者が入居できる賃貸物件は極めて少ないと言わざるを得ません。

 

自分の身に置き換えて考えれば考えるほど憂鬱になります。

国は少子化対策に躍起になっていますが、現状の問題点に十分な解決策を用意しているようには思えません。

子どもがいない世帯は、マイノリティとして切り捨てられてしまうんでしょうか?

 

そこでこうした問題点に、自分自身で取り組むことにしました。

私は行政書士・社会福祉士ですので、遺言書や死後事務委任契約、任意後見契約を行うことができます。

また「赤門ホームコンサル」という会社をたちあげ、宅建業免許を取得していますので、不動産の仲介をすることもできます。

自分の手元にある仕組み・制度を利用すれば、ある程度のリスクや不便さを克服できるのです。

 

もし自分の将来を考えて漠然と不安に感じている人がいるなら当社にご相談ください。

元気で動けるうちに最大限の準備をしておくことで、今のあなたの不安や憂鬱をラクにできるはずです。

 

 

自分が死んだら誰が後のことを手続きしてくれるの?

困り顔.gifもし自分が急に死んでしまったら、あとのことは誰がやってくれるんだろう?

そんなふうに先々のことを心配している人は「死後事務委任契約」を検討してみてください。

 

葬儀やお墓のこと、親しい知人への連絡、アパート賃貸契約の解約や各種解約手続き…

このような諸手続きは、事前に「死後事務委任契約」を締結しておけば、他人が代理して行うことができます。

 

当社では、行政書士等の専門家同士でグループをつくって、このような長期的なサポートを可能にしています。

 

たとえば、我が家の場合

__sozai__/0017948.jpgたとえば我が家の場合、自分(夫)が先に死ぬことを想定して遺言書を作成しておかないといけません。遺言書で全財産は妻が相続するとしておくのです。

そして、妻は先祖代々のお墓に入りたいという希望があります。
また親から残された不動産がありますから、その不動産は売却した上でお寺に寄付してもらい、そのお金が続く限り供養を続けていってほしいそうです。

そのためには、やはり遺言書と死後事務委任契約書を作成し、当社がたちあげたような組織にあとのことを依頼しておく必要があるのです。

 

 

死後事務委任契約についての流れはこちら

 

身元保証について

入院時や施設入所時に「身元保証人」や「身元引受人」が必要だと言われて慌てる人がたくさんいます。

この点、わたし達は事前に上記の「死後事務委任契約」や遺言書・任意後見契約を準備しておいていただいた方に対しては、無料で身元保証をお引き受けしています。

詳しくは当事務所まで電話かメールでお問合せください。スーツ女性.gif

 

 

 

不動産のこともご相談ください。

__sozai__/0020785.jpg当社<赤門ホームコンサル>は宅建業免許を取得していますので、不動産の仲介を行うことができます。

 

  • 親から相続した不動産を売却したい
  • 夫の残した自宅を売却して有料老人ホームに入居したい
  • 一人暮らしにぴったりなマンションを購入したい
  • 未利用の不動産があるが有効活用ができるか相談したい
  • 空家になってしまっている家があるが、管理をお願いしたい

 

このような希望がある場合は、お気軽にご相談ください。

 電話が苦手な方は、メールでの相談も可能です。

 

 

今の住まいに歳をとってからも住み続けられますか?

 

▼例えば、車椅子を利用するようになっても今の住まいでくらしていけそうですか?

 

玄関.jpg エレベーター.jpg 玄関の段差.jpg
エントランスにスロープは?写真のようなマンションはいざというとき困ります。 エレベーターは十分な広さがありますか?鏡がついているとよりgood! 玄関の段差は?写真程度の段差ならスロープを付ければokです!

 

室内の段差.jpg お風呂場.jpg トイレ.jpg
室内の段差が思わぬ転倒の原因になります。転倒から寝たきりになるお年寄りの数はとても多いのです。 水回りに段差があるケースが多いです。写真のような洗い場の面積では、いざ介護というときに狭すぎます。 トイレは必要最小限のスペースしかないことがほとんどです。車椅子でも使いやすいかチェックしましょう。


<車椅子利用の住宅改修例>

 

玄関1.jpg  トイレ1.jpg  キックボード.jpg
 もともと段差の少ない玄関ですが、さらにスロープをつけています。  トイレのドアは引き戸に変更しています。手すりも設置しました。  車椅子のキックボードで傷まないようにボードを貼っています。

 

 

洗面所1.jpg ベランダ.jpg
車椅子でも使いやすい洗面台。お風呂も自力で入れます。 気分晴らしはベランダで。スノコを敷いて段差を解消しています。

 

今は元気なあなたも、将来のことを考えた住まい選びが大切です。

住まいの相談も当社までお気軽にどうぞ。

住まいについてのお役立ちコラム

 

__sozai__/0012359.png民間住宅を検討している方のためのコラム

今の住まいに住み続けられますか?   車椅子住宅改修例

シングル女性はマンションを買うべき?

賃貸のメリットは本当にある?

何歳ごろに家を買うのがいい?

親との同居を考える

新築と中古のどちらが良い?

 

頭金はいくら必要か

広さはワンルームで十分?

買ったあとにかかるお金

東京のどこに住むべきか

不動産会社の選び方

 

__sozai__/0012359.png住宅ローンを考えている方のためのコラム



年収300万円独身女性の住宅ローン

借金がある場合

住宅ローンの金利の種類

住宅ローンはどの金利を選ぶべきか?

住宅ローン手続きの流れ

派遣社員・契約社員の場合

40代女性の住宅ローン

50代女性の住宅ローン

保証人について 

頭金なしでマイホームを買う方法 

 


__sozai__/0012359.png有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅を検討している方のためのコラム

   

高齢者の住まいの種類 

高齢者向けの住まいは不足している 

「大」から「小」へ 

立地を選ぼう!  

サービスの確認が大切  

時間という視点  

医療サービスを確認しよう。 

居室部分はココをチェック

共用部分はココをチェック 

 

月々のお金は明確に  

食事サービスはありますか ? 

コミュニティを考える  

資金計画を立ててみよう(サ付き住宅の場合) 

体験入居をしてみよう(サ付き住宅の場合) 

有料老人ホームの「利用権方式」とは

有料老人ホームトラブル事例集

サービス付き高齢者向け住宅とは?

 

有料老人ホーム訪問記

有料老人ホームはシニアの住まいの選択肢の一つです。

親の住み替え先を探している方もご相談ください。

当相談室では、ひとりでは心細いという方のために見学会や契約の同行を行っています。

また入所時の身元引受人(身元保証人)がいない方のためにNPOが身元引受を行っています(詳細

ニチイ立川.jpg 東久留米.jpg アイリス.jpg
ニチイホーム立川 アヴィラージュ東久留米 アイリスガーデン昭島

 

応援家族 むさし野ガーデン.jpg リバーサイド外観.jpg
応援家族昭和記念公園 むさし野ガーデン リバーサイド立川

 

サニーパレス

ケアポート.gif ぐらんま.JPG
サニーパレス京橋 ケアポート八王子  グランマ立川

 

アリア上井草.jpg   サンビナス立川.jpg つくも外観.JPG
アリア上井草      サンビナス立川 ツクイサンシャイン成城

 

【失敗しない高齢者住宅の選び方】  

高齢者の住まいの種類 

高齢者向けの住まいは不足している 

→「大」から「小」へ 

→立地を選ぼう!  

→サービスの確認が大切  

→時間という視点  

→医療サービスを確認しよう。 

→居室部分はココをチェック

→共用部分はココをチェック 

 

→月々のお金は明確に  

→食事サービスはありますか ? 

→コミュニティを考える  

資金計画を立ててみよう(サ付き住宅の場合) 

体験入居をしてみよう(サ付き住宅の場合) 

有料老人ホームの「利用権方式」とは

有料老人ホームトラブル事例集

サービス付き高齢者向け住宅とは?

 

 

赤門ならまとめて相談できます。
 ホームページの記事は参考になったでしょうか?

 
不動産のことや、遺言・相続のこと、身元保証人のことなど、まとめて相談できるのが「赤門」です。
幅広い知識とネットワークで、心をこめて対応いたします。
電話かメールでお気軽にご連絡ください。 

 電話かける女性.gif
 

おひとりさまの老後対策センター
株式会社 赤門ホームコンサル
行政書士赤門法務事務所 

042-590-2202

東京都東大和市中央4-965-215

  →メールの相談はこちらのフォームからどうぞ

水曜日・土曜日定休 臨時対応可 

 

※「赤門」はいつかあなたの役に立ちます。このホームページにブックマークをつけておいてください。



トップページに戻る

 
 
 
 


 

 

お気軽にご相談ください

042-590-2202

水・土曜日定休(臨時対応可)

フォームからのご相談はこちら

住まいのお役立ちコラムはコチラです!

住まいについてのお役立ちコラムをまとめました。

・「購入」と「賃貸」どちらがおトク?

・頭金なしでも家は買える?

・高齢者住宅の選び方

など、37本のコラムです。__sozai__/0003831.jpg

 

全コラムの目次はこちら

 

出版・セミナーでも活躍しています。

家と土地.jpg
共著(自由国民社)   

 

生活保護イメージ.JPG

 


 

 

 


img037.jpg  

 出版協力 


日経ウーマン.jpg

「別冊日経ウーマン」
“おひとりさまの老後の住まい”で取材をうけました
 


アエラ記事.jpg

朝日新聞社「アエラ」
“実家のたたみかた”で取材を受けました。


 

セミナー・執筆の依頼承っています。
お気軽にお問合わせください。

 

お気軽にご相談ください

 

042-590-2202

水曜日・土曜日定休

※臨時対応可能

フォームからのご相談はこちら

対応エリア

東京全域・埼玉一部

ただし、業務内容によっては対応できないエリアもございます。

詳しくはお問合せください。